2010年3月15日月曜日

グローバル スタンダード

アメリカは多民族国家である。とくに、ニューヨークは「人種のるつぼ」と昔から言われてきた。
そのせまいNYで共存するには、文化を超越して、人間の五感とか、人のサイズとか、シンプルで直感的なモノを基準にして、地球上の人類が、共通してどう感じるかということの具現化しかない。
そのような環境の中で、グローバルスタンダードは試行錯誤を繰り返し、大自然がバランスをとったように生まれる。
頭の中で考えて完成するようなものではない。
picture    e-architect
もしも、美濃焼でも、和紙でも、他の地域の工芸でも、国外に打って出たいのならば、昨日のブログの、アメリカンクラフトショーに参加して,そのなかに、製品を置いてみるのも、 一案である。
何らかの「ものさし」が見えてくるかもしれない。

ゆめみる織部工房群

1 件のコメント:

  1. 自身の体験を若い人に伝えなさい。

    返信削除

kanehan@gmail.com